引越し業者で一日働きました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

cd7d4e3e4e4ad78098c3e727a0e65ea9_s.jpg

私がまだ二十歳の時、お金欲しさにアルバイトをしました。それが引越し業者でのアルバイトだったのです。でもこれがとても過酷で、とても大変な仕事だという事が一日でわかったのです。
荷物は重いです。そして丁寧に扱わないといけません。壁にあてたり、落としたりしたら大変なのでかなり神経を使う仕事でもあるのです。それまでは体力さえあったら、全然できると思っていたのです。それなのに神経も使うので、一日でとても疲れてしまいました。
しかもその様子を、依頼主がずっと見ているのです。ただ見ているだけなのですが、それがとても辛く感じたのです。かなりのプレッシャーになったのです。
本当はもっと早くできるものも、そのせいでなかなか思うように進まないという事もありました。
四人家族の荷物なので、その量はかなり多いです。そしてかなり重いものなのです。洋服だって何枚もあったら、それはお米よりも重くてかなりの重労働にもなるのです。
ワレモノもあるので、丁寧に扱う事も必要だったのです。もしも雑に扱ってしまったら、弁償になってしまいます。
このプレッシャーに押しつぶされて、たったの一日でアルバイトを辞めたのです。私は元々飽き症ですが、引越しの仕事は向いていないと感じたのです。